水着

水着の胸が合わない!貧乳の水着対策はこんな感じである程度はいけるよ

水着の胸が合わない!貧乳の水着対策

暑い季節になると、海やプールで涼しく過ごすことができるようなスポットが人気になります。

親しい友達や、お子さん連れ、ちょっと贅沢に海外にまで足を運んでのバカンスなどと、多くの人々が押し寄せます。

けれどもそのような計画を立てる前に、水着を着ることに躊躇してしまい、せっかくの休暇を楽しむことができない方もいるのです。

水着をあまり人まえでは披露したくない、つまりは自分の体型に自信が持てないから・・・という理由からそうなってしまうようです。

そして体型の悩みとしては、「水着の胸が合わない、貧乳なので恥ずかしい」という思いをされている方も多くいらっしゃいます。

これは女性特有の悩みとして、年齢には関係なく一定数いらっしゃるようですので、貧乳の場合の水着対策にクローズアップして考えていきます。

貧乳は水着の胸が合わないことが多い

貧乳の方の場合は、水着の胸が合わないことが理由で、水着選びでも苦労するというのは事実でしょう。

せっかく気に入った素敵な水着をお店で見つけたとしても、いざ試着をしてみたら胸のあたりがブカブカしていて着心地が悪かったり、胸だけがサイズが合わなかったので購入を悩まれる方は多いはずです。

また仕方なく、今度は胸のサイズに合わせてぴったりとした水着を試着してみれば、ウエスト部分や下半身周りがかなりきつくなってしまうというような体験をされることも多いでしょう。

既成の水着はどうしても、ジュニアや大人などの区別はあったとしても、その年齢に合わせた女性の一般的な身体のサイズを水着にも投影して適応させていることが多いのです。

極端に上半身の部位である胸だけが、一般のサイズと異なってしまうような貧乳の方には、なかなかしっくりと合う水着が少ないというのも、やはり仕方がないのでしょう。

せっかく見つけた気に入った水着であっても、心地よく着れないのであれば楽しく過ごせませんので、何らかの対策を考える必要があるでしょう。

水着の胸が合わないときの対策

貧乳の体型であることで、水着の胸が隙間ができてしまいブカブカして合わないとき時の一番手軽な対策としては、不足している胸のサイズを補うという方法でしょう。

そういった目的として、ヌーブラやパッドなどが一般的にはよく知られて使われている商品です。

ヌーブラは、水着の位置を決めてから布地に直接貼り付ける物で、特に水着専用のヌーブラを選ぶと粘着力が強いのでしっかりと固定ができておすすめです。

またパッドは手慣れてくると薄手のパッドを複数使うことで、さらにボリュームを出すこともできるので、大きく見せる演出ができます。

パッドを使う場合には、水着のサイズもぴったりから少しきつめのサイズを選び、隙間ができないようにパッドを入れていくことが大切です。コツとしてはサイドから胸を寄せてあげるようなイメージでパッドを入れていくと上手にできるでしょう。

ヌーブラもパッドもどちらも自然な大きさの胸へと見せることができますので、ご自分に合ったサイズを矯正してくれる方法として、このような商品を使ってみるというのも良いでしょう。

貧乳の方にはこんな水着がおすすめ

そもそも貧乳であることを隠そうとするデザインの水着では、返って不自然に目立ってしまうことも多いものです。

無理して隠すよりも、さりげなく健康的に見せていくようなスタンスで着れるデザインの水着を選ぶというのもおすすめの方法です。

たとえば、飾りが胸元についている水着などがそれにあたるでしょう。

花柄やボリュームのあるデザインが胸元にある水着、可愛いレースやリボンなどが胸元にあしらっているデザインの水着などは、視線をそちらの方に向けさせることで、本来の小さな胸があまり目立たなくなるという効果が狙えます。

またそのデザインによって胸元に適度なボリュームができることで、ふっくらとした胸に見せてくれることもあるでしょう。

また、デザインではなく色でふっくらと見せる工夫がされている水着もあります。

白、赤、黄色、オレンジなどの明るい暖色などは膨張色ですので、それらの色を効果的に胸元で利用した水着であれば、胸全体にボリュームがあるように見えさせる効果もあるでしょう。

このように視覚からくる効果で貧乳の体型をカバーすることもできる水着が多いですので、水着コーナーの中からコンセプトに合う水着が無いかを探してみるのもおすすめです。

胸が合わない水着まとめ

貧乳であるために、人知れず悩まれている女性の方は多いでしょう。

夏が近づくと、海やプールで水着を着て思いっきり楽しめないと思っていらっしゃる方も多いでしょう。

でも水着のせいで楽しめないのは残念ですし、早々に諦める必要もないのです。そんな体型を上手にカバーしてくれる水着というのが、水着メーカーからも数多く販売されています。

視覚に効果的なデザインや色を選ぶことや胸のサイズを補正することで、水着に対してのコンプレックスが減り、悩みも解決できることもあるのです。諦める前に上手にそれらを利用して、水着で楽しく過ごす方法を考えていきましょう。